永久脱毛の定義について

subpage1

そもそも永久脱毛は医療機関でしか出来ないことを知っていますか。

医療レーザーは毛の根元にある毛乳頭とよばれる細胞を破壊します。
この細胞は発毛指令を出す細胞なので、これを破壊し、今ある毛が自然に抜ければそこからは毛が生えてこないことが永久脱毛のメカニズムなのです。そのために細胞を破壊するのですが、この細胞を破壊するという行為は法律では医療行為であるとされています。
そのため永久脱毛は医療機関でしかできないのです。

ではエステでは何を使っているのか、というと同じレーザー脱毛でもパワーが弱い物を使います。


そのため、医療機関よりも多い回数を通わなければならないことが言えます。
しかしパワーが弱い分、医療用のレーザーよりも痛みが少ないと思われ、痛みに弱いので回数が多くても構わない、と思うならエステで良いのかもしれません。
そこで忘れてはいけないのが、回数が多いということはそれだけかかる期間も長いということです。

通常、医療機関で行う脱毛は2~3ヶ月の間に5回通うと半永久的な効果が得られると言われています。


多くの回数をかけるということは、これよりも長い期間が必要になるということを忘れてはいけません。そのため、いつまでに脱毛を完了したいのか、そのためにはどれくらいから永久脱毛の準備を始めなければならないのかを最初に考えカウンセリングで相談しましょう。


決して今日、明日でツルツルすべすべの肌にならないということに気を付けましょう。