永久脱毛の主な仕組み

subpage1

永久脱毛の中でもっとも完璧な効果を実現できるといわれているのが、少々痛みの強いニードル脱毛です。


一本ずつの処理になりますのでとても時間がかかり、広範囲の処理には向かない方法です。

処理方法としては、ムダ毛を無くしたい部分の毛穴に特殊な細い針を刺し込み、そこに微弱な電流を流します。


その電流によって毛母細胞が破壊され、ムダ毛は再生してこなくなります。

痛みは強いのですが効果は抜群で、完璧な永久脱毛を目指す人たちに選ばれている方法です。時間がかかれば費用もその分かさみますので、少しずつ施術を受けていく人が多いようです。


永久脱毛の中でも痛みが少ないといわれているのが、レーザー脱毛や光脱毛です。光脱毛は、フラッシュ、IPL、プラズマなど様々な呼ばれ方をされていますが、基本的な仕組みは同じです。

レーザーも光も、ムダ毛の黒にメラニン色素に反応する特殊な光を用いています。


ムダ毛に吸収された光は熱エネルギーに変換され、毛根部分にある毛乳頭部分の再生機能にダメージを与えます。
周辺の皮膚に影響を与えない画期的な方法であり、肌はダメージを負うことなくムダ毛を無くすことができます。

施術にはあまり時間がかかりませんので、費用はかなり安く済みます。照射出力の違いがありますので、より高い出力で処理を行えるレーザーの方が少ない回数で終了します。かかる回数は方法の違いだけでなく、好みでも変わります。
より完璧な結果を求める場合には、必要回数が多くなります。